2016年03月24日

ハイセルバガス畜産

ハイセルシステム発案者、故松岡清光先生の集大成を勉強中です。

サトウキビの搾り殻をリグニン分解菌で発酵させ飼料にしますと、牛はルーメン絨毛が太く長くまっ黒になって健康になり、乳房炎や繁殖障害解消、乳質や乳量向上、ロース芯が太くなります。その効果としくみ、給与方法、活用事例を解説しています。

ハイセルバガス畜産 −発酵バガスがルーメンを変える― (民間農法シリーズ)
松岡清光著 (農文協 1998)

第1章 牛を健康にするハイセルバガス
1.牛の要、ルーメンを頑強にする
2.エサの消化がグンとよくなる
3.繁殖障害・乳房炎対策の秘密兵器
4.乳量・乳質アップで大きな経済効果
5.サシが多くロース芯が太い牛肉をつくる
6.畜舎の悪臭を追放
7.ふんは良質な有機質肥料資材となる

第2章 ハイセルバガスの秘密を解明する
1.リグニン分解でサトウキビのバガスが良質飼料に
2.ハイセルバガスのセンイとその働き
3.カサの大きさが反すうを促す
4.ハイセルバガスの威力は酢酸生成力にあり
5.サシと良質粗飼料
6.ルーメン内phを調節して疾病予防
7.ルーメン微生物の活性化で、ビタミン・ミネラルは不要
8.高い消化吸収率がふんを変える
9.リグニンからの生成物がうまい牛乳・牛肉をつくる

第3章 飼料給与と健康管理の実際
1.ハイセルバガス給与への切り替え
2.ハイセル式TMR(混合飼料)
3.形・臭い・phの牛ふん検査、三点セットで健康管理

第4章 ハイセルバガス有効活用の事例
1.風味の高いハイセル肉牛づくりを目指す
2.おいしい牛乳と野菜づくりの複合農業

0012463096l.jpg

posted by きんちゃんブログ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック