2007年03月09日

都市工学科創立40周年

本年は、東京大学都市工学科創立40周年を迎え、4月に東京ミッドタウンにおいて、記念式典が行われます。戦後の経済成長の中で日本の都市化が進行し、都市計画、地区計画、交通計画、都市防災、上下水道、地域環境、都市環境などの課題に対処するために、土木、建築の研究者を中心に新たに作られて以来、日本の都市政策の中枢を担う人材を多数輩出してきました。近年は特に環境問題が重要視され、さらに首都圏などで再開発ブームが加熱するなど、新しい時代の都市のあり方に対する要求が大きくなってきました。

現在の地球では人口の半数が都市に在住しております。これが2050年には約75%が都市に在住すると予測されております。また世界人口もその頃には安定すると考えられております。新しい都市機能持続のあり様についての研究対象となっております。
posted by きんちゃんブログ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック