2011年07月01日

札幌ドーム観戦

ファイターズ弁当.jpg ダル中田お立ち台.jpg

6月30日(木)、札幌ドーム内野招待席にて、日本ハムvsロッテ戦を観戦しました。先発はダルビッシュvs小林でした。このチケットは札幌南(石山)商店街からいただいたもので、石山囲碁道場の常連である砂山さんとご一緒にファイターズ弁当にビールを飲みながら、楽しませていただきました。前に子供囲碁教室にいらしてたOGの娘さんが車で送っていただき、ありがとうございました。

試合はダルビッシュが不調ながらも、150Kmを超える剛速球とキレの良いスライダーで三振をどんどん取り、7回を終わって5対1と楽勝ムードで午後8時半には終わるかとも思われましたが、8回表に1点を入れられ、9回表に抑えで登板した武田久が制球が乱れて打たれて2点を得点され、2アウトでランナー満塁という大ピンチとなり、ハラハラしました。

ロッテの応援団席が押せ押せで盛り上がりましたが、それにも負けずドーム全体が武田久に熱いエールを送って緊張が高まりました。TV観戦の方はちょうどそこで番組時間切れでクレームが殺到したそうですが、TV中継終了直後に見事ピッチャーゴロに打ちとり、日本ハムが5対4で辛勝しました。勝利投手ダルビッシュ、セーブ武田久、ホームラン陽2号でした。最後に見せ場があって面白いゲームでした。

「オーイ、オーイ、北海道」の得点コールも何度かあり、付近にいた日本ハムファンの方々は仲良しになりました。子供は特に歌をすっかり暗唱しておりました。私たちは冷房の効いた席で生ビールを飲みながら、プロのレベルの高さの醍醐味を堪能させていただきました。どの選手も走るのが早く、肩も強く、特にダルビッシュの150Kmを超える剛速球は、球筋が消えるほど早かったです。計算すると、0.04秒でキャッチャーミットに到達しますから、あの見えない球を打つのはヤマをはらなきゃ無理じゃないかとも思いました。ただ、球が速いだけにジャストーミートした打球も早いことにはなります。あれで「今季で最も不調だった。」と言っているのですから、凄いピッチャーですね。

プロ野球のレベルの高さを堪能し、チアーガールや花火やヒーローインタビュー(お立ち台)、サインボールキャッチングなど、ショーマンシップに満ちた楽しい時間を過ごさせていただきました。観衆は試合開始当初は半分程度の入りかなと見えましたが、途中からどんどん増えて空席が目立たなくなりました。新聞によると21369人だったそうです。今年もクライマックスシリーズは熾烈な戦いになることでしょう。

日本ハムファイターズ頑張れ!!

☆日本ハムファイターズ公式サイト
http://www.fighters.co.jp/
posted by きんちゃんブログ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック