2020年10月15日

AI の壁

養老孟司先生の御著書「AI の壁」(PHP新書)のご紹介です。
AI についてのとらえ方、これからの社会のあり方、人間のあり方
を考える際にヒントになる名言が満載されております。

少なくとも、囲碁将棋の世界ではAIが人間のプロを凌駕する時代と
なり、研鑽にAIソフトが活用される時代となっております。それは
目的とルールが明確な具象化されたゲーム空間だからだと言えます。

これが生態系や精神性まで含めた複雑な世界、抽象的にしかとらえ
られない世界となりますと、AIには限界があるとされており、それ
を「AI は高級な文房具くらいに考えていればよい。」とおっしゃ
っております。

ちょっとばかり、人間であることに自信を持てるかもしれません。


P1002308.jpg
posted by きんちゃんブログ at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする